• Interviews

    IVF in Japan: Pippa’s Story

    One of the reasons I started interviewing women in Japan about their pregnancies was to highlight that although we all gave birth in Japan, our pregnancies and birth stories were unique. And for…

  • 未分類

    A Quick Life Update

    I’d like to take the time to apologise for the lack of posts lately and give a quick life update. Things have been incredibly busy, with going back to work after 10 months…

  • Interviews

    育児インタビュー:パパAの声

    当ブログで続けている妊娠と育児のインタビュー企画をお届けします。 これまでは、ママのインタビューだけでしたが、今回は初めてのパパのインタビューになります。 第一回目のパパインタビューは私の夫パパA です。妊娠中の思い出や妊娠出産について考えている事等を色々と話してくれました。 普段あまり聞くことがないパパ側の話を聞くことができる良い機会だと思いますので、楽しんで読んでいただけると嬉しいです。 英語版のインタビューはこちらからどうぞ。 インタビューさせてくれてありがとう!この記事を読んでいる方に少し自己紹介してもらえる? 皆さんこんにちは、Kayの夫のAです。いつも妻のブログを見てくれてありがとうございます!妻とは結婚して約6年になります。このインタビューが少しでも読んでいる人のお役に立つと嬉しいです! 私があなたに「Baby Aを妊娠した」って伝えた時の事を覚えてる?その時どう感じた? もちろん覚えてるよ!朝寝てたらいきなり起こされて、妊娠検査薬の結果見せられたのを覚えてる。笑 まだ朝早くて眠かったので、夢なのか現実なのか良くわからなかった。でも、少し時間が経って現実だとわかって本当に嬉しかったのを覚えてる! 私が日本で妊娠して出産することについて心配した?何が一番心配だった? もちろん心配したね。日本人のお医者さんや看護師さんはまだまだ英語話せない人多いから、病院でのコミュニケーションが特に心配だった。Kayは日本語うまいけど、出産中は色々大変だから、日本語で話したくないって言ってたしね。笑 本当は、Kayにカナダで出産してもらったほうがいいかなと思ったけど、自分の仕事もあるし、生まれたばかりの赤ちゃんと飛行機に長時間乗るのが心配だったので、現実的には日本で出産してもらうしかなかったね。 産科への検診にほぼ毎回ついて来てくれたよね。他の旦那さんに検診に行くように勧める?その理由は? 検診のつきそいができるなら絶対に行ったほうがいいと思う。検診行って子供がちゃんと育ってるか見るのってお母さんにとって精神的なストレスが結構大きいから、男の人もサポートしてあげたほうがいいと思う。それに、毎回の検診で赤ちゃんが成長していくのを見れるのは本当に楽しいね。最初は豆粒みたいな赤ちゃんがどんどん人間になっていくのもすごい感動するしね! 私の妊婦生活はどうやってサポートしたか覚えてる? 色々した中で特に良かったかなと思うのは家事かなー。妊娠後期になるとやっぱりお母さんの体がかなり大きくて動くのも辛いから、今まで普通にできていた家事が大変そうだったよね。洗濯したり、家の掃除するのも結構大変だと思う。だから、家事でも体を使うことはできるだけ男の人がやったほうがいいかなと思ってた。あと、足のマッサージはほぼ毎日やったの覚えてる。出産近くになると足のむくみが本当にすごかった。足首を指で押したら、指跡が残ったりして。笑 毎日5−10分くらい足をマッサージしてたけど、少しは楽になってたと思う。 私が10ヶ月妊娠していたのを見てどう感じた? 自分には同じことはできない!笑 妊娠って肉体的にも精神的にも辛いから相当大変だと思う。新しい命が自分の体にいて、その生命をちゃんと守って育てないといけないプレッシャーってかなりすごいと思う。それにホルモンとかもあって精神的なアップダウンが凄いしね。妊娠を見てると、女性は男性よりもタフで優れた生き物だと思ったわ。笑 妊娠期間中の思い出で好きなものは? 色々あるけど、やっぱり、初めて自分たちの赤ちゃんの心音聞いた時かなー。すごく嬉しかったのを覚えてる。心音聞くまではKayのお腹に赤ちゃんがいるってお医者さんに言われても、あんまり現実に思えなかったけど、心音聞いた時に、あーこれが俺たちの子供なんだって感動したのを覚えてる。 私達が通う事になったクリニックについてどう思う?クリニックの人は他の日本人の女性と比べて私を違う感じで対応してた? 家から行ける所にあるクリニックの中では結構いい方だと思うよ。英語話せる先生もいたし、女性のお医者さんもいたしね。結構外国の人も来てるクリニックみたいだから、外国の人の対応にも慣れてたみたいだしね。他の日本人の女性と比べて特に変わりなかったと思うけど、正直、Kayが一人でクリニックに行ってたら対応が違ったかもしれないね。日本人の夫が毎回検診来てたし色々と文句も言ってたから、クリニックの人もKayに変な対応できなかったんだと思う。笑 そういう意味でも、パートナーが検診に行くのは大事なのかもね。 Baby Aの予定日の一日後に、急にお医者さんから入院するように言われたよね。その時どう思ってた? かなり残念で不安だったのを覚えてる。もともと行ってたクリニックでバースプランとかかなり準備してたし、担当の先生ともいい関係だったので、最後で病院を変えるのは本当は嫌だったねー。それに、全く知らない病院で、お医者さんや看護師さんがどんな人かわからなかったし、赤ちゃんが無事に生まれてこれるかとかKayは大丈夫とか、不安だらけだったね。 私が誘発分娩してた時に隣にいたけど、どんな経験だった? めちゃめちゃ辛かったよ。基本的に男の人は無力だから、横にいても、Kが拷問されているのをただ見てるだけみたいな感じだったし。あと数日誘発分娩するかみたいな話があったけど、やらなくてよかったよ。見るのは耐えられなかったと思う。 帝王切開することになったときにどう思った? 正直、誘発分娩が辛そうだったら、帝王切開になってほっとしたのを覚えてる。はやく赤ちゃんを生んで、Kayにも楽になってもらいたかったし。自分自身も帝王切開で生まれてきたのもあって、帝王切開についての不安はあんまりなかったしね。 Baby Aを初めて見たときにどう感じた?…